豊田英司の自己紹介

[もどる]

経歴

1995年3月
東京大学理学部地球惑星物理学科を卒業。この学科には卒業論文はない。
1995年4月
東京大学大学院理学系研究科 地球惑星物理学専攻 修士課程に入学。 指導教官は名目的には木村龍治教授、 実質的には新野宏助教授。 東京大学海洋研究所 海洋気象部門 に配属ということになる。
1997年3月
修士課程を修了。修士論文の題目は 「寒冷前線付近に発生したメソβスケールの渦列に関する観測的・理論的研究」。
1997年4月
東京大学大学院 数理科学研究科 数理科学専攻博士課程に進学。 指導教官は林祥介助教授 (当時)。
1998年4月
指導教官の栄転にひきずられて北海道大学理学部に居候 (正式には研究指導委託) を開始。
2000年3月
単位取得退学。
2000年4月
気象庁に採用。
2002年3月
東京大学より博士(数理科学) 授与。

所属学会や団体など

学術発表等

連合大会が CiNii に載れば、ここ管理しなくてもリンク貼るだけで済むんだけど...

論文

学会誌解説記事

Fortran コーディングスタイル関係

報告書

発表・講演


Last update: 31 July 1999 ... なんて書くのはださいからやめよう。 あまり恥ずかしいから残しておきます。